ネットワーク上のエクセルファイルが重い
0
     今わしは怒っている。

    誰にかというとマイクロソフトに対して怒っている。


    なぜかと言うと、ことの起こりは会社の中のネットワークドライブ上のエクセルファイルが中々開かない、もしくは応答がない、という報告が数件寄せられたのだ。


    調べてみたが皆目検討がつかない。エクセルの修復を試してもダメだ。

    それで最後の手段でシステムの復元をしたらやっと元に戻った。

    ところが今日又同じことが同じパソコンで起きた。

    ***<スポンサー>*******************************
    月会費わずか324円で、訪問サポート、パソコン修理
    データ復旧(PC,スマホ)、リモートサポートなど6サポート

    まかせて安心!訪問パソコンサポート・修理
    *********************************************

    それで、ネットでいろいろと検索して同じ事件が起きてないか調べるとあったのだ。

    それは6/29にマイクロソフトがリリースした「Office File Validation Add-In」KB2501584を適用するとサーバ上のExcelファイルを開く速度が、ものすごく遅いという。


    だからこれを削除すれば元に戻るわけだが、この現象はエクセル2003でしか起きないそうだ。

    といってエクセル2007以降は使いにくくてしょうがないので替える気は無い。

    こんな改悪な更新プログラムをリリースするなんてふざけるな!といいたい。

    はやくエクセル2003をアップデートさせオフィス2010を買わせようとする陰謀か?

    とにかくWindows Updateをしたらいろいろと問題があるような報告がネットに出回っているので、ウィンドウズの自動更新はオフにしようと思っている。


    6/29以降アップデートしたならばコントロールパネルのプログラムの追加と削除から「Office File Validation Add-In」がインストールされているか調べることだ。

    在れば削除することを薦める。

    これで元にもどる。


    ではまた。



     
    おまけ動画!
    派祖混蔵のコーナリングを見よ!



    | 派祖混蔵 | エクセルの技じゃ! | 10:42 | - | - | - | - |