ゴミ箱と削除
0
    諸君は不要なファイルは削除していると思うが、その時のメッセージを覚えているかな?

    ゴミ箱までドラッグすれば何もメッセージは出ないが、右クリックして「削除」を選択すると、「○○○をゴミ箱に移しますか?」というダイアログボックスが出るはずだ。

    つまりゴミ箱に移動しているだけで削除されていないのだ。

    ということはいつまでもパソコンの中にいるということだ。


    だから、放置しておけばいつまでもゴミ箱の中が限界容量いっぱいまでたまってしまう。


    ゴミ箱は普通Cドライブにあるので知らず知らずにCドライブを圧迫しているかもしれないのだ。

    Cドライブが少なくなるとパソコンが重くなってくるのでゴミ箱を空にするだけで快適な環境になったりする。


    そこで、削除の時にゴミ箱に入れずに即パソコンから無くしたい方法はないのか?

    ある!

    「Shift」キーを押しながらDeleteするか、ゴミ箱にドラッグすればいいのである。

    その時のメッセージは「ゴミ箱に移しますか?」ではなく「削除しますか?」になるので確認してみたらいいだろう。

    ドラッグの場合はメッセージは出ない。

    ちなみにゴミ箱のアイコンを右クリックしてプロパティを開くとそこにいろんな設定ができるようになっている。

    ゴミ箱の容量を小さくすれば、頻繁に警告メッセージが出るのでいつもCドライブを圧迫しなくて済むようになる。


    おまけ動画!
    派祖混蔵のコーナリングを見よ!



    | 派祖混蔵 | パソコン小技 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://pcurawaza.meruta.info/trackback/1205383