ちょっと待て!Windows7購入!XPはアップグレード可能か?
0
    WINDOWS7 が発売された。

    前評判も上々である。

    しかし、XPのユーザーはちょっと待った!

    ここへきて意外な事実が判明した。

    それは、XPからのアップグレードが簡単にできないということだ。


    VISTAからのアップグレードは簡単にできるがXPの場合はすべてのアプリケーションを再インストールし、個人データの移行作業をしなければならないらしい。


    はたしてそこまでしてアップデートする価値があるかどうか?


    XPからのアップグレードは価値が無いという否定的な意見のサイトが圧倒的に多いのも事実だ。


    それならば、むしろ安価なWindows 7搭載のマシンを買った方が早いという気がするね。


    逆にVISTAのユーザーはアップグレードすべきだ!

    Vistaユーザーを悩ませてきた数々の問題がWindows 7でうまく修正されているしWindows 7はVistaよりも断然優れているということであるからだ。


    Windows 7は速いとよく言われるスピードだが、起動は確実に速い。

    また、アプリケーションの動きも速いという意見もあるが必ずしも速くないという意見もある。

    ただ、これは一部のアプリケーションの話で全体的にスピード性能はアップしていると見ていいだろう。


    Windows 7では、企業のIT管理者が会社のネットワーク上で実行可能なアプリケーションを制御する機能や、USBメモリーのデータ暗号化など、セキュリティーの強化が図られている。

    しかし、これも完全ではないという意見もある。

    まあ、完全なものは不可能な気がするがね。



    Windows 7はマルチコア・コンピューターにも対応している。

    マルチコアはより一層買いやすくなり、エネルギー効率も良くなり、普及してきているが、8年もののOSであるXPではこういった動きに対応しきれないというのが実情である。



    更にWindows 7の目玉だが、『Windows XPモード』という仮想環境がProfessionalおよびUltimateにある。

    いちおうWindows 7は、XPで動いているほとんどすべてのソフトウェアに対応していると、Microsoft社は約束している。

    しかし、XPで使っていたソフトウェアがWindows 7で動かないことがあっても、『Windows XPモード』という仮想環境で動作可能である。

    しかもこのXPモードは、XPエミュレーターとWindows 7を切り替えるという必要がないので大変楽である。

    XPモードで実行中のアプリも、Windows 7の通常のウィンドウと同様に表示されるのである。


    もうひとつ重要な点がある。

    Windows 7は、初期設定ではメールソフトを備えていないということである。

    マイクロソフトでは無償メールソフト「Windows Live メール」をダウンロードして利用することを推奨しているが標準で装備して欲しかった。

    なお、Windows 7のプリインストールパソコンの多くは、Windows Live メールがあらかじめインストールされた状態で出荷されることになりそうだ。


    気になるメールのデータは移行できるかという点だが、これは移行できるから安心してよいだろう。


    余談だがWindows 7プリインストールのデュアルコア・プロセッサ搭載ノートパソコンが4万円台で販売しているなんて信じられんわい。


    古いパソコンならWindows 7購入費と変らないくらいなので、やはり新しいパソコンにしたほうがよさそうだ。



    手持ちのパソコンでWindows 7が動くかどうかは、マイクロソフトが提供のツール「Windows Upgrade Advisor」で確認できる。

    以下からツールがダウンロードできる。

    ダウンロード


    一度自分のパソコンがどんなものか確認するのも面白い。


    ではまた会おう。



    おまけ動画!
    派祖混蔵のコーナリングを見よ!



    | 派祖混蔵 | パソコン関連じゃ! | 14:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/09 3:29 PM |









    http://pcurawaza.meruta.info/trackback/1102062